はじめての方はカテゴリの”FIWC九州とは...”をご覧下さい!


by fiwc-q

【マンパ】東北関東大震災から3カ月・・・【びおとーぷ】

こんばんは!
今回のブログ担当、九大法学部2年のはるかです。
6月11日土曜日、震災からちょうど3カ月、という日に行われたマンパにいってきました^^
お話してくださったのは福岡ゼネラルユニオン(FGU)の川口さんです!
川口さんは5月21日から22日にかけて仙台で行われた中小労働組合の集まりに参加され、被災地の現状を見たり、実際に被災された方のお話を聞いてきたということで、その時のお話をしていただきました。

私は今回はマンパ初参加、ご飯づくりから参加させてもらいました(^ω^)
ちなみに今回のご飯はチャーハン、ゴーヤチャンプルー、チャプチェ(韓国料理。春雨入り野菜炒めみたいなもの)でした!ApiQ2人、FI2人で作ったんですがあぴのお2人は料理がうまい!見習おうと思います。。。

さてここから本題。
川口さんが主にお話をしてくださったのは被災地の雇用、労働者についてでした。
・現地の失業者(現在仕事がなく、かつ仕事を求めている人)の数は10万人、さらに農地や船を失った農民、漁民を合わせると仕事のない人はかなりの数にのぼる
・労組への相談の7割が雇用主からであること
・港湾で働く日雇い労働者やトラック運転手の方には失業保険すら出ていないこと
・被災地だけでなく京都、日光などの観光地のホテルが震災と原発事故の影響で立ちゆかなくなっている
などなど、遠く福岡にいてはなかなか分からない被災地の厳しい現実、被災地以外にも及ぶ被害の実態を教えて頂きました。
他にも、阪神大震災の時に比べかなりボランティアの数が少ないこと、被災地の「支援され慣れ」の問題など意外な問題やメディアには流れない(流せない)裏話いろいろも。 被災直後の写真が載った雑誌も見せてもらい、改めて被害のすごさを思い知りました・・・

印象に残ったのは、「労働」というのは「生きること」につながる重要なことなのに、行政の支援が行き届いていない。置き去りにされている感がある。というお話と、福岡と東北は遠いし、現地に行くくらいなら渡航費を寄付したほうが良いんじゃないかという考え方も一理あるけれども、実際に現地に行って、現地の人と話して、考えてきたことを福岡、九州の人たちと共有することも大切だというお話。今回のマンパに参加して、是非1度自分の目で被災地を見てみたいと思うようになりました。

はじめてマンパに参加して、普段はお話できない幅広い年代の方とおしゃべりできてすごく勉強になったし、楽しかったです。びおとーぷに所属しているからにはこんな貴重な場所を利用しない手はない!今後もびおのイベントには積極的に参加していきたいと思います^^

以上です。乱文失礼しましたm(__)m
[PR]
by fiwc-q | 2011-06-13 23:20 | イベント情報