はじめての方はカテゴリの”FIWC九州とは...”をご覧下さい!


by fiwc-q

カテゴリ:FP( 7 )

お久しぶりです!
約五ヶ月ぶりの更新です…スイマセン(-ω-)
4月より、新FI九州の委員長になりましたまさえです。
今更ですが、よろしくお願いします(^O^)笑

5月18日(金)に、今年度初のFPがありました。
参加者はなんと16人!
新入生やFP初参加の2年生が沢山来てくれました(*^^*)
(いつもは5〜6人でこじんまりしてるのにね…笑)

今月のテーマは「児童労働」でした。
担当は、私まさえです^^
私が大学のゼミで国際人権法を専攻していること、フィリピンの児童労働に関するDVDを持っていたこと、そして今までフィリピンキャンプに関わってきたということで、今回このテーマを選びました★

-------------------------------------------------------------------

みなさん、「児童労働」と聞いて何をイメージしますか?
参加者の解答で多かったのは「途上国で貧しい子どもが学校に行かずに働くこと」でした。

児童労働の定義は「義務教育を妨げる労働や、法律で禁止されている18歳未満の危険・有害な労働」です。
2010年にILO(国際労働機関)は世界の2億1500万人の子どもが児童労働に従事していると発表しました。
その半分以上が、アジア太平洋地域の子どもたちです。
児童労働について詳しくは、ILOのホームページに児童労働のページがあるのでそちらをご覧下さい^^


ではフィリピンの現状はどうなのでしょうか?
フィリピンの児童労働従事者は約300万人だと言われています。
それらの大半が農業に従事しています。
他には性産業、路上での仕事・ゴミ拾い(都市圏)、漁業・麻薬売買(セブ)、子ども兵士(ミンダナオ)です。

なぜ子どもが働かなければいけないのか?
その一番の原因は「貧困」です。
フィリピンの全人口の70%は貧困層です。
また、低賃金・反抗をしない・体が小さい為に、雇用側とっては都合がいいのです。

ここまでの話を聞くと、「児童労働は今すぐにでも止めるべきだ!!」と思いますよね。
しかし一方で、「子どもが働くことを認めて欲しい」というクンダプール宣言というものもあるんです。
重要なのは、その子どもが一家を支えているとい現状で、「貧困」から抜け出さないと根本的な解決にはならないということです。

ここから、「一度きりの子ども時代」というドキュメンタリー映画を観てもらいました。
セブの精肉工場、レイテ島オルモックのさとうきび畑、港のセメント運びとして働く子どもたちのドキュメンタリーです。
FI九州のフィリピンキャンプでセブ、特にオルモックはよく買い物で利用する馴染みのある土地です。

ここで参加者からの映画の感想を一部ご紹介します(^^)

・彼らはこのようなとてもつらい生活をして、大人になった時どうなるのだろうと思い、彼らの親と同じように自分の子供にも働かせるのか。働かないと生活ができないと頭では分かっているけど、どうしてもやめさせたいと思ってしまう。

・過酷な環境の中でも、子どもたちは自分の状況を肯定的に受け入れていることに驚いた。

・子どもたちが働けなくなると、子どもたちは十分な生活ができなくなる。子どもたちが幸せに暮らしていくためには、児童労働をなくすことが正確なのか、どうすればよいのか、正直わからない。今回のFPを通して、自分は、児童労働も含めて国際問題とか何も知らなくて、自分の世界が小さいと感じた。

・とても難しい問題であるのは、子どもたちが働かなければ家族は生活することができないため、子どもたちも働くことを望んでいたり、仕方ないと思っていることだ。きつい仕事であっても親や家族をけなげに想い、一生懸命働いている子どもたちを見て切なくなった。子どもを守るのは大人の責任である。世界中の大人が大人として責任を持ち解決策を考えていかなければならないと思った。

・児童労働の恐ろしさは、間違っている現状があたかも世間の常識のように周りに捉えられてしまうこともあると思う。

・時間だけでなく、未発達、ケガなどの健康まで奪われる過酷さには目を覆いたくなった。

・オルモックでの児童労働の光景を見たとき、実際に自分も行った場所でこんなことが起きているのに、今まで知らなかったんだと気付かされ、すごくかなしくなった。どの場所でも皆、お金をもらえず、もらえても10ペソや20ペソだったのを見て、自分たちがサリサリでお菓子を毎日買っていたのを、現地の人たちはどういう気持ちで見ていたんだろうと思った。

-------------------------------------------------------------------


児童労働=有害と考えるのではなく、貧困や、そこから生まれる社会システムの問題の一部として考えるべきだと私は思います。
私たちが普段何気なく買っているチョコレートやコーヒーは、もしかしたら子どもの経済的搾取によって作られたものかもしれません。
児童労働は意外と、先進国で生活する私たちに身近な問題なのです。

感想で「とても勉強になりました」という声をたくさん頂きました!
子どもを巡る問題は、フィリピンなどの途上国だけでなく日本にも存在します。
今回のFPが、社会問題や国際問題に目を向けるきっかけになってくれたら嬉しいです^^
準備する上で私自身も学ぶことが多くあり、楽しかったです。
ありがとうございました!
[PR]
by fiwc-q | 2012-05-20 21:33 | FP

6月のFP!!!!

こんにちは!
遅くなってしまいましたが6月のFPについて!★
今回のブログ担当は九大2年の松永ゆうかです(^^)初めて書きます♪

6月のFPのテーマは「ハンセン病」
担当はみしゃさん★☆★

かつてハンセン病患者が隔離された瀬戸内海にある大島
今回はそのハンセン病療養所の入居者と大島に住む3人の小学生との心の交流を追ったドキュメントを見ました。
c0109774_22345351.jpg


今までハンセン病って聞いたことはあったけどよく知らなくて
今回のFPを通してハンセン病とはどんな病気なのか、ハンセン病療養所とはどんなところなのか、ハンセン病療養所の入居者の思いなど初めて知ることがたくさんありました。

また、小学生が入居者との交流の仕方について考えたり、島に見学に来る人にハンセン病のことを伝える際どうやったらうまく伝えられるのかについて悩んでいて、これは私たちにも共通することじゃないかなと思います。

大島に住むハンセン病療養所の入居者と交流があり、実際に大島に行ったことのある方のお話も聞けて、今回のFPもとても勉強になりました!!

まず私たちにできること、私たちがすべきことは
知ること!!!!
これはハンセン病に限ったことじゃないけど
自分がよく知ったうえでそれをまわりの人に広げていけたらいいなーと思います!
c0109774_2313243.jpg

[PR]
by fiwc-q | 2011-07-01 23:14 | FP

えふぴー(^^)!!

こんにちははは!
遅くなって申し訳なーいですすす…
5月21日にあったFPについてブログ、
書いちゃいたいと思います!!

ブログを書くのは…
九大3年経済学部の高向(タカムキ)、
むっきーです(^o^)

FPとは、「FIWC Party」の略で毎月第4土曜日に行われてます!
FIに関わることについて考えたりして勉強会した後は、
ごはんを食べながら、お酒飲みながらワイワイします!!
今回のFPではたかしを中心にサラダ・スープ・パスタ
のイタリアーンなごはんをみんなでおいしくいただきました!

今回のテーマは…
「文房具寄付活動」
フィリピンキャンプをきっかけに始まった文房具寄付活動と
その後の問題点や寄付のあり方にについて考えるために発足した
「TEAM★文房具」の活動について考えました。

その様子がこちら♪
c0109774_1516262.jpg


参加者は…
左側がプレゼンターのたくみ、かーりー、まさえ、
右側がぴっちゃん、ふーか、わたし、しーやんさん、
写ってないけど、たかし、えりかろ、はるか!!
写真を使う権利は承諾済みです。(^^)笑

ほとんどがフィリピンキャンプ経験者だったので、
文房具寄付活動に関わってきたメンバーだったのですが、
改めて、自分たちの活動を見つめ直すいい機会になったと思います。
わたしは寄付って深いなーって感じました。
いろんな問題点はあるかもしれないけど、
やってみないと分からなかったことだと思うから、
文房具寄付活動はいろんなことを学べる活動だと思います。
行動力って大切!それを次につなげるのも大切!!

ということで、6月から今年も「TEAM★文房具」活動開始します!!
興味がある方はぜひ参加してください(^^)

2011/5/30
[PR]
by fiwc-q | 2011-05-30 15:54 | FP

5月FPのおしらせ

こんにちは。



23日(土)は6時からFPです!!



今回は実際にキャンプを計画してみようというテーマで、

中国のとあるハンセン病快復村を設定して、

そこでのワークをグループで計画してみます。



まだ、キャンプってどんなものか想像がつかない方も、

キャンプに興味がある方もぜひ参加してみてください!




※中国キャンプ経験者は参加しつつ、

アドバイス的なこともしてほしいので、

お時間ある方はぜひ来てくださいね。



以下、詳細



日時:5月23日(土) 18:00~

場所:びおとーぷ

(博多区博多駅前3-6-1 小森ビル4F)

内容

1、中国キャンプ概要説明、アイスブレイク

2、ワークショップ「メイク 座 ワーク イン チャイナ」

  問題点の明確化→解決案の創出→絞込み→発表

3、懇親会



それでは、連絡お待ちしてマース!



じゅんぺい
[PR]
by fiwc-q | 2009-05-18 18:57 | FP

3月 FPについて

春になると僕はすごく悶えます。


さてさて今月のFPについてです!

今回はなんとびおとーぷの加入団体全員でのお祭り(びおフェスタ)です。

このびおフェスタでFIのブースを出します。そして有志でひょっとこ(僕の独断)も披露します!

そして懇親会では今年卒業していく学生のために卒業式もやります!
卒業する方、懇親会だけでもよいですので来て下さいね!

参加できる方はご連絡を!一緒にひょっとこおどりませう!

以下詳細〜


〜12周年だよ!全員集合〜 第4回びおフェスタ開催のご案内

福岡NPO共同事務所「びおとーぷ」では、開設12年目にあたり、過去に行っておりました、“びおフェスタ”を装いも新たに開催することに至りました。普段はなかなか揃わない全加入12団体が一同に介し、皆さんをお迎えいたします。びおとーぷがスペースの共有だけでなく、ひととひとの繋がりで成り立っていることが実感できるイベントになる予定です。
現在関わっている方、過去に関わっていた方、びおにはまだ来たことのない方などなど、どなたでもご参加いただけるお手軽なイベントです。
14日(土)のマンパと2週連続のイベント開催となりますが、ぜひぜひご参加ください♪

ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー
[日 時]2009年3月21日(土)14時〜17時
[会 場]麻生情報ビジネス専門学校1号館7階第2視聴覚室
福岡市博多区博多駅南2-12-32 ※博多駅筑紫口よりヨドバシカメラ方面へ徒歩約10分(音羽公園の先です)地図(→)http://biotope.npgo.jp/aso_map.pdf
[参加費]無料
[内 容]団体紹介、団体ブース、出し物(ソーラン節、合唱など)、
〜びお博士は誰だ!?〜びお検定など
ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー
[懇親会]18時〜21時
※会場 居酒屋 さりだ 
福岡市博多区博多駅南1−14−3 会場より徒歩5分
※料金 ひとり3,000円
※学生団体の卒業生を送る会あり。
※懇親会は要予約です。【限定30名】せりた迄
ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー==ーー
3月20日(金)13時〜より「びおとーぷ」にて準備作業を行います。どなたでも少しの時間でも
結構です。ご協力をお願いいたします。
[PR]
by fiwc-q | 2009-03-12 17:19 | FP

第5回FP報告

昨日のえふぴーのおおまかなまとめです。ちょっとおおまかすぎて
分かりにくいかなm(_ _)m


今日ははれです!

洗濯びよりー


テーマ「フィリピンキャンプと中国キャンプの共通点や相違点など
を考えて二つのキャンプの可能性を探ろう」


フィリピンキャンプ→ふぃり
中国キャンプ→ちゃい

キーワード

自立促進
→(ふぃり)村びとの自立促進を促せるような自分たちのワークの関わ
り方はどうあるべきか。どういうふうに村びとに関して意識を芽生えさ
せることができるか。今回のプロジェクトの村びとの対する給料制をも
う一度考えてみよう
→(ちゃい)ハンセン病快復村に住むおじいちゃんおばちゃんに対して
は後遺症に対するケアなどの自立は促せる。しかしそれ以外のこと(例
えば生活環境を整える等のこと)の自立促進は難しい。お金や時間の問
題もあるし(ふぃりもそうだが。そしてここに継続の意味がある)、な
により体力面に問題がある。しかし、幅広い年齢層がその村にいる場合
は自立促進のことも考えることが必要であるのでは?

子供に対する教育
→(ふぃり)子供に対するイベントをやっている。その際「夢を与える
ことができる」ようなイベントであるといいね(※慎重に考える必要あ
り)。そこに大人の参加は?
→(ちゃい)ここ最近は教育ということは論点になってこなかった。子
供がいる村に行ったときはしっかり考えないとね。

参加者の声(最後のまとめ)
○中国のエンジニアがいないことで起こりうる問題。
○ 差別の解消の手段には何があるか。いろんな差別を調べてみ
て解消にはどういうアプローチがあるか考えよう。
○ 村びとにどこまで甘えられるかの問題(家に呼んでもらって
ご飯をごちそうになるなど)
○主人公は村びとにあるということを忘れちゃダメ。
○僕らが日本にいるときにできること。
○政治問題など僕らがタッチできない問題に対してもなにかしら考えて
みよう。


今回は2つのキャンプの可能性を探ろう(こういうことができるのでは
ないか?もっとこういう心がけで取り組んだ方がよいのではないか?)
という目的だったが、手段(2つのキャンプの再認識、共通点や相違点
の発見)のほうがメインなってしまった。今回出てきたことを深く考え
ていく必要がある。あくまできっかけで終わってしまったが、フィリピ
ンキャンプ、中国キャンプのことをお互いに比較しながら考えることが
でき、これまでより、お互いのことがよくわかったということをみんな
から聞いた。そしてまた、違うキャンプに行っているキャンパーからの
意見は新鮮だったという意見も。これからもこういう会を開いていく必
要があるなと思った。フィリピン
と中国がつながるためにもよい。


昨日参加したみなさん、いろいろと考えたことやヒントがあったと思います。

それをみんなでシェアして考えを深めていきましょ。


では今日もよい1日をo(^o^)o

ゆきと
[PR]
by fiwc-q | 2008-11-30 11:20 | FP
秋風のたつ今日この頃ですが。。。

今年もやってきましたキャンプ報告会!!

フィリピンは【マニラでの下見キャンプ】
中国は【湖南省シャンロン村での本キャンプ】

来年のキャンプに向けてどのような下見がなされたのか?
今年のキャンプはどのようなエピソードがあるのか?

FIWC九州の2本柱であるフィリ,チャイナの報告ぜひぜひ聞きに来て下さいね!!

今年のキャンパーの顔を見に来て下さい!!

あとキャンプに興味があるないにかかわらず、とりあえず報告会に連れ
てきたいという人が周りにいればじゃんじゃん連れて来てもらって構いませんからね。せっかくなのでたくさんの人に来てもらいましょう。

よろしくたのもー!!

○日時:10月25日(土)
18:00~
18:00~ フィリピン下見キャンプ
報告
19:00~ 中国本キャンプ報告
20:00~ 宴会
○場所:びおとーぷ

※場所が分からない人はt.y.0@mac.comまで連絡してもらえれば
迎えに行きます

ではでは

ゆきと
[PR]
by fiwc-q | 2008-10-22 23:11 | FP